FC2ブログ
2011
08/23

受難



ここしばらく
歯医者通いをしているわけなのですが。


極度の歯医者嫌いの眞矢は
わざわざ無痛治療をやってくれる歯科に通ってます。

ここの難点は予約が取りづらい事。
2~3週間待ちは普通です。



で、昨日はその予約の日だった訳なんですが…。




いつも通り、席に通されて
笑気ガスのマスクを装着。

これは、痛みとゆうか恐怖を緩和させるものです。

歯医者嫌いの眞矢には必需品。


5分くらいすると
ふわふわした幸せな気分になってきます。



「歯医者?なーんてことないゎ♪」



と、とてもおおらかな気分になれるんです。


先生が横に立つ気配を感じうっすら目を開けたら……




Σ(゚д゚lll) お 前 誰 だ !!




そこには見たこともない気弱そうな若い男性が立っていた。

「はい…じゃあ、口を開けて……」



Σ(゚д゚lll) お 前 が や る の か !?



院長先生は?
いつもは院長先生じゃないか!!
休みなのか!?今日は休みなのか!?

一瞬出そうになった、
「院長先生じゃなきゃ嫌です」
と言う単語を飲み込み言われた通り口を開ける。


迷惑な患者になってはいけないという社会的感覚もあり、
何より笑気ガスでおおらかな気持ちになっていたので

「知らない先生?なーんてことないゎ♪」

と思い始めていたのだ。


「じゃぁ、少しづつ仮歯の表面削って外しますね。
 痛かったら左手あげて下さいね。」


笑気ガスでふわふわしながら
ドリルで削られていく。

どーせこの歯は神経抜いてるから
そんなに痛くはないだろう。



油断し切ったそのとき



ぶぐぐはぁぁっ Σ(゜Д゜)



物凄い衝撃と音と共に

硬いものが砕けて口中に飛散し

ワンテンポ遅れて血の味が口中に広る。



「あああぁぁぁ!!ごめんなさい!大丈夫ですか?」


どうやら、少しずつ削るはずの仮歯が
この男の手によって一撃で砕かれたらしい。


自分の歯まで粉砕されたかと思ってちびりそうになった。


痛みよりも驚きで硬直。

笑気ガスのマスクをつけたまま
目と口を極限まで開いた状態で
硬直した姿は女王様としてあるまじき姿だが
この際なりふりかまっちゃ居られない。

歯科助手が、そっと唾液を吸引してくれた…。

その優しさが、なんか屈辱。



こちらは硬直したままなのだが
男は勝手に気を取り直して治療を再開。


「痛くなりそうだったら、左手上げてくださいね。」


なんか難しい事言われた。
痛くなりそう、ってなんだよ。

だったら今すぐ上げたい気分だよ。


とりあえず、そっと左手を上げやすい位置に置いた。

もはや笑気ガスの効力は無い。



恐怖のまま、微妙に痛いまま治療は終了し
一番近いという2週間後に予約を入れて退散したのですが…




今、めっちゃ痛いんですけど…。



左手上げたほうがいいですかね??



スポンサーサイト
[PR]

Copyright ©Ti voglio bene~鵺神眞矢~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.